==教えることは自分育て==

カテゴリ:├トラックバック( 2 )
|TOPに戻る
トラックバック
コメントとよく似ているのですが、大きな相違点は、コメントが相手の記事のコメントに書き込むのに対して、トラックバックは自分のBlogに記事を書き、その要約を相手の記事に送りつけるのです。

【メリット】
1)自分のブログに書くので、その記事(情報)が手元に残る。
2)手元にあるから訂正が自由にできる
3)トラックバックすると、相手の記事に自分へのリンクが自動
的に張られる。相手だけでなく、相手のブログを見ている
人達にも知ってもらえる。

【デメリット】
1)トラックバックは自分では削除できない。

要するに、同じテーマでやり取りをするときは、トラックバックがいいですね。


トラックバックには、3通りのやり方があります。
1)相手にトラックバックしたことを知らせるだけ。自分の方には何も残らない。
2)相手の特定の記事に関連して、自分のブログに新たに記事を書いて、そのことを 相手に知らせる。  自分のブログに記事が残る。←これが通常トラックバックと言われるやり方。
3)相手の特定の記事に関連して、過去に自分が書いた記事を使ってトラックバックする。

案ずるより産むが易し、沢山恥かいて笑って覚えましょう!!
[PR]
by otomi7771 | 2004-11-18 08:09 | ├トラックバック |TOPに戻る
トラックバックの例
>勿忘草さんの前ボケの秋明菊を拝見しました。

人間がボケているせいか、後ろボケ、前ボケの写真大好きです。でも、撮り方がイマイチわかりません。

どなたか、教えてくださりませ。
b0063421_8135147.jpg


これが手許に残った記事です。
上の「前ボケの秋明菊」をクリックすると、トラックバックの相手先に飛びます。
ボケ繋がりでコミュニケーションできるというわけです。
[PR]
by otomi7771 | 2004-11-17 08:11 | ├トラックバック |TOPに戻る